■空手家 渡辺 優作 1998年6月2日生まれ、神奈川県出身。第一回


わたなべゆうさく 渡辺 優作 エクスプロージョン X-PLOSION

渡辺優作(わたなべ・ゆうさく)

1998年6月2日生まれ、17歳。神奈川県出身。
在籍:淑徳巣鴨高等学校空手道部、極真会館横浜北支部戸部道場
血液型:B型
星座:双子座
身長:168cm
体重:100kg
趣味:漫画を読む(ドラえもん)
トレーニング歴:8年
戦歴:清武会 第16回全日本ウェイト制大会無差別級 優勝
極真會 第9回全日本極真空手道選手権大会重量級 優勝
極真会館 第32回全日本ウェイト制空手道選手権大会重量級 ベスト8
極真会館 2015国際親善空手道選手権大会重量級 第3位
Twitter:@ga_su_0831

わたなべゆうさく 渡辺優作 エクスプロージョン X-PLOSION エリート

▶︎インタビュー

ーー極真空手というのは、どのような競技ですか?
渡辺 簡単にいうと、素手と素足で相手と殴り合う競技です。
ーー始めたキッカケを教えてください。
渡辺 始めたキッカケは父で、格闘技が大好きだったので息子にやらせたかったみたいで
す。小学1年生のときから空手をやっていたのですが、4年生になったとき極真の道場に
見学に父と一緒に行きました。その足で体験をして「こっちのほうが面白いかも!」と思
ったので、自分からやりたいと言いました。

ーーどのようなところに惹かれたか、覚えていますか?
渡辺 それまでやっていた空手よりも自由だと感じました。それがいいなと。やっていく
なかでどんどんハマって、3ヶ月後には大会に出場していました。

ーー元々空手をやっていたことは優位にはたきましたか?
渡辺 全くの別物なので、あまり関係なかったと思います。当時から体が大きくて4年生
の時点で60kgくらいあったので、最初の2試合はそれだけで準優勝と優勝をすることが
できました。

ーー体も大きくて極真もやっているとなると、クラスではジャイアン的な存在?
渡辺 いえ。元々、気が弱いのでオラオラ系になることはありませんでした(笑)。

ーーその後の戦歴というか、これまでの競技生活はどのような流れできていますか?
渡辺 最初は体のデカさで勝っていたのですが、6年生になる頃にはまわりも大きくなっ
てきて1、2回戦で負けることが増えてきました。練習にトレーニングをプラスして補強
して、中学に入るくらいには再び優勝できるようになったのですが、また負けるようにな
ってきたことから今いる淑徳巣鴨高校の空手道部へ出稽古を始めました。進学をして高校
1年生で国際大会で3位を獲ったことから、最近はまた勝てるようになってきました。

ーー淑徳巣鴨高校との出会いが大きかったのですね。
渡辺 それも父が紹介してくれました。自分はその時はよくわかっていなかったので、出
稽古に行くと決まった時は相手を全員ぶっ飛ばそうと思っていたのですが、実際は強豪校
ですからアッサリと自分がぶっ飛ばされて終わりました(笑)。強い人たちに囲まれたほ
うが強くなれると思って、進学先もここに決めました。今は部活が週5回あって、それが
終わってから道場に行く日があったり、ジムに来る日があったり…という感じで過ごして
います。

ーーESQUATIRとの出合いも、お父さんなのですよね?
渡辺 そうです。1年くらい前にもっと強くなるためにはウェイトトレーニングをしたほ
うがいいだろうと考えて、横浜のジムを探して連れてきてくれました。

ーートレーニングは好きですか?
渡辺 好きですね。最中はキツいですけど、終わるとすっきりして気持ちがいいです。道
場のみんなも結構トレーニングをしていますし、実際にその効果も実感しています。一番
は当たり負けしないこと、吹っ飛ばされにくくなりました。ジムでウェイトをやる以外に
自分でも父に勧められたケトルベルでトレーニングしています。

ーープロテインはジムに入る前から飲んでいましたか?
渡辺 はい。それも父の教えで、飲むようにしていました。中学生くらいからジュニア向
けのものを朝と晩、練習の前後に飲んでいました。父からは食事のことも少し言われてい
ます。「油っこいものはあまりとるな」と「納豆を食え」だけですけど、最近は食事の本
をよく読んで勉強しているようなので、また新たに増えるかもしれません(笑)。

ーーそのほか、体づくりやコンディショニングで気をつけている点はありますか。
渡辺 無理をしすぎないことですね。無理して怪我をしては本末転倒なので、休む勇気を
もつように意識しています。

ーー小さい頃、ヒーローにあこがれたり戦隊モノが好きだったりしたのですか?
渡辺 いえ、ずっと『ドラえもん』が好きでした(笑)。だけど、幼稚園くらいの時か
な、将来の夢として何かに「ジャイアンになりたい」と書いたのは覚えているんです。強
くなりたいという思いはあったみたいです。気が弱くて、いじめられるようなこともあっ
たので、ジャイアンみたいに強くなりたかったんだと思います。

現在、競技上で抱いている夢は何ですか?

渡辺 世界チャンピオンになりたいです。極真空手では今現在、世界チャンピオンの座が
外国人に奪われているので。その夢に向いまずは6月の全日本大会に出場したいです。強
豪選手たちを倒して名を上げていくために、今は基本稽古に立ち返って土台を固める時期
かなと考えています。同時にジムで筋力強化をしながらブレない心と体を作っていきたい
ですね。

image1